抑圧とキラキラの狭間

会社で働く上で、個性は時に必要であり
時に抑えなければいけないものにもなる。

上司や部下との関係、
取引先、やりたいこととやりたくないことなど
幾つかの言い訳を用意することで個人的な納得感を高めつつ、
個性を抑えてでも、やらなければいけないと自分に嘘をつく。

個性が必要な場面は、意見を言うこと、企画を考える時など、
個性が光る瞬間がある。

業務となると個性よりも能率や正確性を求められるので、
個性を追いやってでも成果を求める
個性で結果も出せるようになるには、
幾らかの実績や時間が必要で、
その期間を下積みや修行などという表現もする

ただし、自分の立場がどこに行っても
個性を追いやる場面は必ずあって、
割合や影響力が変わるだけで

では、会社できらきら系になるにはどうしたらいいのか?
上司の影響力が及ばない所でやるしかないのか??
同期という上にも下にもいない和の中で発揮するのか?

このキラキラ感と抑圧のバランスを見失うと、
モチベーションへの低下にも繋がるかと思っています