これでも通信制高校のキャンパス責任者です

通信制高校で働きながら、通信制高校の課題や気づきなどをアップしています。時々、自分の趣味の読書やマラソン、筋トレ、事業に関することなども記載しています。

本当は学校に行きたいくない、隠れ不登校の実態を読んで思ったこと

本当は学校に行きたいくない、隠れ不登校の実態
この記事が読売オンラインに掲載されていました
ヤフートピックスでも掲載されていましたので
見た方は多いと思いますが、4ページに渡っていたので
見たけど読んでいないという方が殆どかなと思います

headlines.yahoo.co.jp


隠れ不登校
私たちの学校に通う生徒の55%は不登校を経験しています
今、入学願書の受付期間ですが、成績が殆どついていない方ばかりです
中学校としてもこの生徒は通信制しかないと送り出しているし
本人も同じような学校という仕組みに所属するつもりはないと
意思表示がはっきりしています、自分の考えを持っている方もいます

不登校で成績が付かないから、勉強ができないは誤りで
不登校で成績がつかず、うちでも出席状況は不安定ですが
先日サービス接遇検定準1級に合格してきました
頭を使うフィールドが違うだけで、能力は高い生徒は間違いなくいます
ただ、中学校という学習システムでは、この能力を必要としていないので
力を発揮することもできず、またできない事を強要されるなら
その場から逃げるという選択肢は正しいのだと思います

同じ陸上競技でも、フィールド競技とトラック競技は違います
学校も同じように出来る出来ないはあって当たりまえで
今の先生世代は、できないなら努力して当然と言われていたと思います
私は今年47歳になりますが、できないなら努力すれと言われてきました
素直な性格なので、そうか努力すればいいのかと受入れて
出来るようになった事への達成感で生きてきました
それが成長なんだと無意識のうちに刷り込まれていたのだと思います

でも、今の生徒達を見ているとできないことに努力する事に抵抗を感じています
それはできない事を知られるとSNSで揶揄される
周りからできないと馬鹿になれる、自分の居場所がなくなる
そんな社会環境の中で、折り合いを付けていくには
通う場所の多様化が必要なんだと思います
今日はこの教室じゃなくてもいい、このクラスメイトに会わなくてもいい日がある
クラスという人間関係を強要されるのが当たり前になっています
確かに人間関係や集団生活を身に付けるには必要な時間であると思いますが
人間関係や集団生活は、クラス以外でも教えられるもの
クラスの人間関係に入れないことを否定する必要はありません

同じ科目でも教える先生によって全くその内容や伝わり方が違うように
受ける生徒にあった教えられ方も違います
生徒の多様性ばかりがクローズアップされる記事をよく目にしますが
教える側の多様性に振り回されている事も多いと感じます
うちの社会人2年目の国語の先生は、マニュアル通りにしか伝えることができず
この言葉の意味の含有量、奥行きまで話すことができません
抑揚もなく、淡々と進める授業を見ても、それが教育実習で高く評価されたそうです
言われたことをそつなくこなすのがいい教育のできる先生なのか?
金太郎あめを作る教育では適しているのかもしれませんが
その結果が今回の10人に1人は隠れ不登校という現実ではないでしょうか?

国語はできなくても、パーソナルカラリスト検定1級に挑戦する生徒がいます
色については講師に負けないくらいの知識を持ち始めています
前述の国語の先生なんかより、知識も説明も魅力的です
筆記試験だけで採用される公立の先生、この採用方法を変えないと
いい先生の価値観を変え、学ぶことへの多様化を率先して行っていかなければ
不登校問題に向き合うことは難しいのではないでしょうか?

私たち通信制高校はそれができる場所ですので、
不登校という言葉をなくすモデルケースを作っていく覚悟です

 

いま、暗闇でふるえているきみへ

いま、暗闇でふるえているきみへ

 
ヤンキー先生の子供がわからない親たちへ

ヤンキー先生の子供がわからない親たちへ

 
君はひとりじゃない―ヤンキー先生の直球メッセージ

君はひとりじゃない―ヤンキー先生の直球メッセージ

 

 

ネスレ通販を利用した時の経験談

ネスレの通販を利用しました
住所を更新するのを忘れており、旧住所に送付されてしまいました
発送の案内をメールでいただいていたので到着しないなと思い
マイページを確認してようやく住所が間違っていたことに気が付き
電話で住所が誤っていたことを知らせ、今の住所に送っていただけるようお願いしました

が、すでにデータ処理がされ送付することはできないとの回答
キャンペーンでのパッケージ商品だったので
今、その時の価格で販売することはできないと付け加えられました

しかし、その日のうちに別の方からご連絡をいただき
改めて同じ商品を発送しますとお話しをいただきました

食品を扱っているので、物販の中でもルールは違うのかもしれませんが
生ものではありませんし、保存がきくものですので
商品の転送を検討いただいてもよかったのではないかと思います
すぐにご対応いただけましたが、商品が届くのを楽しみにしていますが
反面教師として、イレギュラーがあった時の対応を学ばせていただいたように感じます

 

ゲームのルールを変えろ――ネスレ日本トップが明かす新・日本的経営

ゲームのルールを変えろ――ネスレ日本トップが明かす新・日本的経営

 

 


確かに社内でのルールはあると思います
商品の再発送をお知らせするメールには
また返送になった場合は、もう商品を送らない的なコメントも加筆されていました
いたずらや返品ロスも大きな課題であるとは思いますので
今回のネスレ通販の対応に疑問を感じるということもありません

ただ、丁寧にできることは丁寧にやらなければいけない
そう学んだ一件でした

 

顧客はサービスを買っている―顧客満足向上の鍵を握る事前期待のマネジメント

顧客はサービスを買っている―顧客満足向上の鍵を握る事前期待のマネジメント

 

 

卒業と進級が混在するこの時期に一番必要なこと

冬休みが明け、授業が再開しました
3年生は卒業後に向けて、ちょっと落ち着かない様子
進学するもの、就職するもの、何も決まっていないもの
年が明けてやはり直接身に染みてきている生徒が多いように感じます
ここからが職員にとっても本当の勝負
もう一歩踏み込むことができれば、この不安をもう一段階解消することができます

が、時間の経過は早いもの
また、追ってくるものの立場が強いもの
緊張と期待と不安と希望から、2年生たちの勢いが増してきています
進学先を決める、就職先を検討する
そんな後から後から押し寄せてくる波に職員たちも押されている雰囲気

出ていくものと、追ってくるもの
この両者が混在しているのが1~3月のこの時期
私たちはこの両者を睨みながら対応が求められます

進路を決めるのは大変な取り組みです
キャリアコンサルとは、決めることがけではなく
この先数年を見据えた人生設計を生徒本人と共有し
安心感を植えつつ、もし進路に迷うことがあれば、その先の示すことで
今はこの道と決断できる不安要素を取り除いていくことが求められます

案外、この作業は担任では難しいかもしれません
今まで対応してきた担任ではなく
三者である者が対応することも必要なのかと思います

 

 

先生とは何なのか?と考えさせられた一日

生徒に対して厳しく接しなければいけない場面で、
その厳しい対応ができない職員(先生)が多いのに驚きます
身内の恥をさらしてしまうようですが、
整列をしない、話をやめない、
そんな場面でも生徒に声をかけない職員がいます
気が付いた職員がやればいいのですが、
ある特定の職員だけがいつも大きな声を出していて
自分は関係ないとばかりに、その場から離れる
昨日もそんな光景が見え、残念な気持になっていました

そもそも、その教室にいない先生もいて
教科は教えることができたとしても
生徒指導は苦手という人が多くて驚きます
何のために先生になっているのか?そこから疑問が沸いてきます

先生とは何なのか?
教科を教えるノウハウだけで務まるものなのか?
私は教員免許も持っていませんし、
何も指導できる立場ではありませんが
声を出して生徒を動かすことはできます
生徒や保護者から信頼を得るための努力もしています
それもできない教員免許を持った職員がいます

先生とは何なのか?考えさせられた一日でした

 改めて読みたくなった一冊・・・

こころ (新潮文庫)

こころ (新潮文庫)

 

 

退職する人と転勤する人の違い

今年度は2名の離任があります
1名は今年度いっぱいでの退職
公立高校の採用試験を受けることが前提での契約でしたので
採用が決まった9月頃から、既に流しに入っている方

もう1名は先月決まった転勤で、3月いっぱいで新天地に異動する方

退職する人と転勤する人とで、会社としても扱い方が全く違いますよ
生徒からすると同じ「いなくなる人」なのかもしれませんが
この温度差はきっと生徒も察する位に、大きな差があります

退職する人は、引継ぎや次の生徒状況の把握など
今からやらなければいけないことが沢山あります
保護者への対応や心配させないように職員が一丸となって向き合う雰囲気が必要です
なので、早々に発表し生徒の考えや思考も新体制へと切り替えさせる必要があります

転勤はかなり誉なことなので、万歳三唱で送り出す位の盛り上がりを演出します
この場合、ぎりぎりまで発表は待つことになり
卒業式の前日や前々日などにセレモニーを行い
華やかな演出のもと、送り出すことや花を持たせるような演出をしていきます

退職する人には当然そのような演出はなく
少しずつフェードアウトさせていき、気が付けばいなくなっている
そんな感じで退職日を迎えるように持っていきます

ただし、この退職する人の仕事ぶりにもよりますが・・・
心ある仕事をしている方なら、こちらも心で返しますが
心無い仕事をしている以上は、こちらも一切の感情を持たずに
フェードアウトに持っていく

いなくなる時、その人の本当の価値が分かるものですね

 

辞め方で人の度量が分かるものですね 

図解でわかる 退職マニュアル

図解でわかる 退職マニュアル

 

 

人口減と戦う高校としての募集活動

新年を迎え、今年度の締めくくりと
次年度に向けた体制作りや物資面での準備などを進めています
そんな中、私の学校は私立高校なので募集対策が最重要課題です
2年生に向けたイベントを1.3月にそれぞれ1回行い
より早い段階でこの学校を認識してもらうようにしています
今年度はこの1月イベントからの出願に繋がったケースが多く
この効果はまだ期待ができるものを認識しています

そんな中、この地区は中学生人口→高校生人口の減少が加速します
10~14歳人口
2010年→2015年→2020年→2025年
49663→52852→49018→45463

今はやや上昇した小山の上にいます
この反動で2015年→2025年と7000人の減
軽く公立高校が10校程度なくなる計算です
統廃合・合併が続く中、私立高校も生き残りをかけていかなければなりません

そのための対策も進めています
他県からの出願増(地元からの出願が維持できていることが前提)
高校ではなく、新しい形態(高校としての競争から脱却→ブルーオーシャン
早期獲得、早期出願
実績で目立つ(就職・進学の実績は職員の努力が明確に反映される)
利益を生む構造(新しい収益構造を作っていく)
具体的なプランは企業秘密ですが
常にこの程度の対策を講じていかなければなりません

大学無償化のニュースも見聞きします
国の方向性を見つつ、自校の対策を練っていきます


娘に教えてもらって読んだ本!「面白かった!!」

 

新年早々ですが、退職する人に困っています

今年最初の投稿です
通信制高校の願書受付期間中ですが、働き方改革の影響もあり
しっかりとお休みを頂いております

そんな中、当学園で面接予定の方からメールをいただきました
他の学校法人から内定を貰ったので辞退しますとのこと
1月9日に面接する予定でしたので、事前に連絡してくれただけ良しとしますが
この内定を貰ったと言うお返事が来たのが4日
この内定貰ったが真実であれば4日はやはり仕事していて当然だったなと
本当かどうかは分かりませんが・・・

最近は採用される側が有利な売手市場のため
随分と強気で失礼な方もいらっしゃいます
今回の方はメールでしたがちゃんと連絡をいただけたので
当たり前なんですが、随分としっかりした方だな、残念だなと思います

今年3月に一名退職しますが、その補充の採用です
この退職する職員が厄介な方で、早く辞めて欲しいのですが
毎月の給料だけを目当てに出社していて、本当に困っています
有給使って早々に退職して欲しいのですが、解雇できず我慢の毎日です

当然、未来に向けた仕事はさせられないため
日々のルーチンだけやって貰っっていますが、
仕事時間中に本読むし、指示した通りにやらないし、座っているだけだし
生徒や親からもクレームくるので、担任業務は外しましたが
明日からまた始まるのかと思うと、うんざりしていきます、我慢の毎日です

新年、いいスタートを切りたいのですが、
こんな人がいると全体の雰囲気も悪くなりがちです
早く辞めてくれないかな・・・

 

採用基準

採用基準