これでも通信制高校のキャンパス責任者です

通信制高校で働きながら、通信制高校の課題や気づきなどをアップしています。時々、自分の趣味の読書や事業に関することなども記載しています。

教育と経営と人材確保

通信制高校で働いていますが、実に毎日いろいろな事があります

最近は特に採用が厳しく、人材確保が大きな経営課題でもあります

国公立大学の二次試験で、教育分野の受験性が減ったとありましたが

教育産業全体的に働きてがいなくなってきているのが実感できます

 

そうなると、今度は売り手市場となり

条件や働き方が一致しない人が増えてくる

土日は休ませろ、残業は無理、教育がしたいので事務仕事はできないなどなど

学校という職場は教育の場所でもありますが

働き方からすると、学校を運営するのが仕事

授業はその一部であり、他に出席や学費、奨学金、就学支援金、保護者対応

そして私立の場合は生徒募集と様々な役割分担があって

その中に授業があるという考え方なんですが

授業の部分だけを切り離して考えている方も多いなと感じます

 

授業という聖域があることは理解していますが

その聖域だけでよい学校と、それも1つの役割でしかない学校があります

教育と経営は水と油ですが、学校全体にも、働く個人にも

教育と経営の両輪でバランスをとることが求められます

 

通信制の高校はだから今、活気があるんです

学校であっても経営は学ぶべきです

 

 

会社を強くする多角化経営の実戦

会社を強くする多角化経営の実戦