読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通信制高校で学ぶ(不登校編)

通信制高校を考える上で大切なことをお伝えします

 

小学校、中学校で学校に行くのが苦手だった=不登校経験の方に

学校に通う楽しさ、勉強への不安解消、生活のリズムなど

高校生活を楽しいものにしてくことが挙げられます

 

私立の学校なので、個別対応がきっちりと

やりやすい環境にあります

不登校、不登校気味となるには様々な理由があると思いますが

多くは、地域の人間関係が挙げられます

その場合は、環境が変わることで本人が自力で解決してくれます

学校側は通う理由、通いたくなるきっかけ作りで対応します

 

中学校に足が向かないと、勉強についていけるか心配になります

その場合は、レポート課題をやってもらうのではなく

レポート課題を教える授業に参加してもらいます

多くはサポート校として、別に学費が必要となるのですが

高校卒業に必要なレポート課題を教えてもらうことで

学ぶことへの不安解消に繋げていきます

大学進学だってAOなど様々な入試制度がありますので

進学の目標だって実感もって取り組んでいただけます

 

発達障害や持病、体調のコントロールが難しいなど

心身面で学習に集中できない場合もあります

中学校では別室登校という方法がありましたが

通信制の場合は、通学が義務付けされていないので

自分の体調と相談しながら登校することができますし

長期休暇なども活用することができます

 

ただし、スクーリングは絶対に参加しなければいけないので

こればかりは体調や不登校を理由にはできません

ここだけはしっかりと頑張る、せめてスクーリングだけは割り切って頑張る

そんな努力は必要です