これでも通信制高校のキャンパス責任者です

通信制高校で働きながら、通信制高校の課題や気づきなどをアップしています。時々、自分の趣味の読書や事業に関することなども記載しています。

ハングリーな組織だけが成功を生む

ラグビーサントリーの沢木監督の著作

ワールドカップのオールジャパンでコーチをしていた時の

 

経験も踏まえて

勝つためにしてきたこと

が記されている一冊です

 

ターゲットを決めると言う考え方、表現が印象的でした

コーチしていく上でも、各選手の強化すべきポイント

これをターゲットと表現し

どこまで達成できているか?を

一対一のミーティングで確認する  

確かに、このターゲットという表現は

ノルマでもなく、課題でもない

非常に前向きに考えられるなと、思いました

 

課題があって、裏付けとなる資料があって

それを作るのがコーチの役割で

そこにはデータと言う客観的な要素も必要になってくる

 

リーダーと言えども、どうすれば達成できるのか?一

番の勉強家でなければいけない

そのヒントや方法を探すのが監督であり

具体的に実行していくのがコーチの仕事

 

 

いいヒントが沢山ありました

 

所用時間:

85