通信制高校で学ぶ その1

私の勤めている学校にも、毎年10名程度の転校生がやってきます

通信制高校の中では少ない方だと思います

新入生の数を上回るのが一般的なようですので

100名の入学生がいたとしたら

200名が卒業するのが通信制高校の特徴と言えます

 

さて、普通高校、全日制高校から転校してくる場合

在籍している高校を退学してしまっている人がいます

退学してしまっては、転校扱いができずに編入扱いとあなります

 

ちょっと面倒なお話になりますが

高校3年間全てどこかの学校に在籍していなければなりません

たとえ1日でも在籍していない日があった場合

その学年をやり直すこととなります

 

なので、もう学校辞めたいな、他の学校に行きたいなと思ったら

学校に行くのはやめても学校そのものを辞めてはいけません

転校できる先を探すことの方が先決です

通信制の高校であれば、12月頃まででしたら転校を受付ています

それ以降は学校の判断ですし、その方の単位取得状況にもよりますが

転校できない場合も出てきますので、注意が必要です

 

この学校辞めたいなと思ったら

・退学する前に転校先を探す

・学校に行かなくても、退学だけはしない

この2点は絶対に守ってください

それが、あなた自身のためになることです