「NASAより宇宙に近い夢工場」を読みました

北海道赤平市で宇宙開発に取り組んでいる植松電機
最近は植松努氏のTEDや各講演会でずいぶんとメジャーになりました。
どの努力、夢、想いには本当に感激してしまいます。
諦めるというより、努力する事の楽しさを教えていただいた感じがします。
うちの娘や息子も一度はロケット体験に連れていきたいです。

その植松電機の宇宙開発ですが、
合わせてリサイクル業で利用される重機のマグネット開発にも触れられており、
なぜ?宇宙開発で会社が成り立っているのか?
そんな素朴な疑問にも答えていただきました。

 

NASAより宇宙に近い町工場

NASAより宇宙に近い町工場

 

 お気に入りのフレーズを・・・
人は本来かけがえのない存在です、なぜ、置き換えがきくようにしなければ
いけないのでしょうか? → 今の職場に対する疑問と一致!

宇宙開発は手段。中略
本当の目的は宇宙開発を通じて、「どうせ無理」という言葉をこの世からなくすこと。
→手段と目的の考え方が明確です

自信がない人は、人の評論をして自信を奪う → 今の職場と一致

夢とは大好きなこと、やってみたいこと
仕事とは社会や人のために役立つこと → 自分は果たしてと考えさせられました

手段と夢と取り違えてはいけない

やさしさと憧れが夢をかなえる。
困っていることに気がつくやさしさを持っていないと、
新しい仕事を見つけることはできない

今回もたくさんの気づきをいただきました。
改めてTED見直したいと思いました