通信制高校で学ぶ(不登校)

通信制高校の得意な分野として

小学校、中学校で学校に行くのが苦手だった=不登校経験の方に

学校に通う楽しさ、勉強への不安解消、生活のリズムなど

高校生活を楽しいものにしてくことが挙げられます

 

私立の学校なので、個別対応がきっちりと

やりやすい環境にあります

不登校不登校気味となるには様々な理由があると思いますが

多くは、地域の人間関係が挙げられます

その場合は、環境が変わることで本人が自力で解決してくれます

学校側は通う理由、通いたくなるきっかけ作りで対応します

 

中学校に足が向かないと、勉強についていけるか心配になります

その場合は、レポート課題をやってもらうのではなく

レポート課題を教える授業に参加してもらいます

多くはサポート校として、別に学費が必要となるのですが

高校卒業に必要なレポート課題を教えてもらうことで

学ぶことへの不安解消に繋げていきます

大学進学だってAOなど様々な入試制度がありますので

進学の目標だって実感もって取り組んでいただけます

 

発達障害や持病、体調のコントロールが難しいなど

心身面で学習に集中できない場合もあります

中学校では別室登校という方法がありましたが

通信制の場合は、通学が義務付けされていないので

自分の体調と相談しながら登校することができますし

長期休暇なども活用することができます

 

ただし、スクーリングは絶対に参加しなければいけないので

こればかりは体調や不登校を理由にはできません

ここだけはしっかりと頑張る、せめてスクーリングだけは割り切って頑張る

そんな努力は必要です

通信制高校で学ぶ(目的別)

通信制高校は、通信ですので

スクーリング、定期テストと出席を義務付けされたものだけ

ちゃんと出席すればOkです

通う必要がないのです

 

なので、この時間を使って芸能活動やスポーツ参戦など

自分がやるべきことに集中できるのです

 

もう一方で、今の通信制高校は毎日通います

通信制高校のメリットを生かして

学校で自分がやるべきことに取り組みます

スポーツ、絵、資格取得、芸能芸術などなど

なのでキャンパスにはやるべきことの指導者がいます

自分がやりたいことを集中して学ぶことができるのです

 

さらに、そのもう一方では

通う必要のない学校で、毎日通う習慣作りに取り組む方もいます

不登校の方などは出席義務がない通信制高校

生活のリズムを維持しながら、無理のない日常生活が送れる

中学と同じ生活パターンだと、同じ経緯を繰り返す可能性があるので

新しい環境で新しい習慣を作ることに繋がります

 

さらにさらに、もう一方では

学習面があります

中学校までの学習に不安がある場合は

普通高校のように集団学習についていくのができないことが多く

通信制だと、範囲もハードルも取組みやすい

高校卒業を目指しやすいという利点があります

 

進学も就職も

その先を考えることができる → 未来が生まれる

 

通信制高校は多種多様な道しるべが用意されています

バレンタインに札幌でデート♪彼女が喜ぶおすすめスポットは?

男子にとってはすっぱい思い出がいっぱいのバレンタインデー!最近は自分買いする方も多くなってきており、自分用商品も増えてきているなど、バレンタインデーも随分と進化してきているように感じます。女の子から男の子にチョコレートを贈る、そのお返しなのか?カップルはバレンタインデートを楽しむのか?そのシチュエーションは様々ですが、この日に勝負をかけるにはふさわしいお店をピックアップいたします!

 

<藻岩山展望台>

2月バレンタインデーにはちょっと寒い、寒すぎる、雪が多すぎるかもしれませんが、車があるなら外せないスポットなのかなと思います。男は寒いを利用して、距離を一気に近づけるチャンスでもあるので、ここは敢えて寒い場所をピックアップいたしました。天気が良ければ冬ならではの空気の透き通った景色を見ることができます。また、この季節はイルミネーションも行われているので、北海道三大夜景が更に美しさを増してる一夜になると思います。しかも、暗くなるのが早いので夕食前にちょっと立ち寄ってムードを盛り上げてみてはいかがでしょうか?

 

<ふしみグリエ>

藻岩山で夜景を楽しんだ後は、その足でふしみグリエでディナーは黄金ルート!藻岩山から見えた夜景をそのまま眺めながらのディナーは、自分たちの専用シートを用意しているかのような、そんな夜景スポットとして気持ちを盛り上げてくれるはず!食事の質もよく、肉、魚からデザートまでコース料理であっても、ちょっとしたわがままにも対応してくれるホスピタリティ溢れるお店。苦手なものがあるなら、予約の時にしっかり伝えておきましょう。安心して食事を楽しめるように配慮していただけますよ~。

 

スープカリー 奥芝商会>

敢えて、バレンタインのデートに選ばなくてもいいのかな~とも思いましたが、スープカレーでもディナーとして十分な実力を持っているお店ですので、ここは変化球を希望する方ように、バレンタインデーの甘いものを頂くお礼として、辛い物を食べに行ってみてはいかがでしょうか?バスの旭山公園付近にありますので、藻岩山からのアクセスも便利なお店。古民家改装したお店は雰囲気も良く、ちょっとしたデートスポットにも人気のあるお店です。必ず並ぶという宿命と、閉店が早いという緊張感も備わったドキドキ感満点のお店ですので、一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか?もし、ダメだったとしても、次に来てみようねとその先の楽しみとしてみることもいいのでは??

 

<シネマカフェ>

札幌市大通にあるお店。カフェバーとして人気のお店です。映画が好きでも、好きではなくても、映画のロケでも使われたお店は、きっと会話が尽きることがありません。名画のポスターや予告編が流れる店内、店内にあるノートには来店者が英語について記したコメントも残されていて、2人で眺めていても心躍るような気持ちになるはず。今度、これ見てみようか?なんて流れは確実ですよ~。



定番のデートスポットではなく、バレンタンデーという特別な日だからこそ、いつもと違ったデートで盛り上げてみては?そんな思いでスポットを選んでみました~・参考にしていただければ嬉しいな~。

 

北海道のお土産で調味料を買うならどれがオススメ?

 

北海道は食材の宝庫ですが、何も直接食べるものだけではありません。北海道味覚を自宅でも再現していただくために、食材を購入するのは郵送の手間もあって、ちょっとハードルがたかくなりがち。私は北海道の味覚は、食材も大切ですが、味付けを再現することで北海道を改めて楽しんでいただくことができるのではないでしょうか?そんなお土産店では購入できないけれど、スーパーで売っている調味料をまとめてみます。

 

ジンギスカンのたれ>

ラム肉が手に入るなら、ジンギスカンのたれがあれば北海道をすぐに思い出してもらえると思います。ジンギスカンのたれは2大巨頭が鎬を削る分野で、ベル食品VSソラチという構図。焼肉のたれコーナーには数は少ないものの、しっかりと陣取っている調味料です。個人的にはベル食品に軍配が上がりますが、これは本当に人それぞれの味覚次第。ご当地グルメを楽しみたい方たちには、ぜひこの二大巨頭共に購入して、食べ比べを行っていただきたいお勧めの一品です。

 

<西山ラーメン 生ラーメンスープ>

ラーメンは生めんとスープのセット売りが基本ですが、ご近所スーパーにはラーメンスープだけがバラ売りしているので、麺とスープをそれぞれ購入する家庭も多いようです。食べ盛りのいるご家庭では、麺だけ別に購入しておきたい場合、麺は少量で数多く分けて食する場合はスープ多めのような量の調整が必要な時に便利です。他にメーカーに拘りがあって、麺は安くていいけど、スープだけは西山ラーメンがいい!こんな食通さんにも便利!で、この西山ラーメンのスープですが、北海道でも老舗のラーメンメーカーで1食分だけで200円程度する高級品です(小売価格)。ミソや醤油もありますが、西山ラーメンのミソはぜひご賞味いただきたいです。お土産だけではなく、ご自宅用にもぜひお買い求め下さい!各メーカーのラーメンスープを揃えてみても、かなり楽しい食卓になると思いますよ~。

 

<鮭香る醤油>

これは私たち北海道民でもレアなお醤油です。でもお土産屋さんで見かけるようになってので、きっと購入しやすくはなっていると思います。以前は釧路出張の時に道の駅で購入していたものです。醤油は鰹節で作るものが一般的ですが、これは鮭の鰹節??鮭節で作ったお醤油です。これだけでもレア感ハンパないのですが、鮭の香りがしっかりと感じられるお醤油で、私は肉料理との相性が抜群だと思うんです。お醤油ですので、当然お豆腐とかお刺身にも使いますが、ちょっと普段のお醤油よりも舌の周囲に残る旨味が強い感じがするので、しっかりとした味のあるものとの相性がいいと、勝手に楽しんでいます。

お土産屋さん、お菓子コーナーが人気ですが調味料コーナーもぜひご覧くださいね。

 

<番外編:めんみ>

大手しょうゆメーカーが北海道限定で製造している「つゆ」になります。濃縮タイプが一般的で、3~5倍に薄めて使用します。これ1本あれば何でも使えるのが、北海道民の合理的な所で、麺類は鉄板ですが、煮物やどんぶりにも活用できます。おでんに使っている方も多いのですが、私は卵かけご飯に愛用しています。薄めずにちょっと垂らして食べる感じ。何を食べても同じ味になりがちですが、食材の味を損なわないのがいいですよ~。コンビニでもスーパーでもどこでも手に入る一品です。

 

この他、こんぶや干しシイタケ、煮干しなども売っていますが、北海道は味噌や醤油などの製造は歴史が浅く、九州などにみられる老舗の蔵は存在していません。大手メーカーが中心ですが、北海道限定の商品って実は色々あります!ぜひ、スーパーで探してみて下さい。

 

<北海道神宮│安産祈願の時間は?予約は必要?初穂料は?>

 

北海道の神様として君臨する北海道神宮。開拓の神様として建立された神宮ですが、今では国土の神様、開拓・経営の神様、医薬・酒造の神様、明治天皇の四柱が祀られており、経営者が年始に集まることで有名です。個人でも団体でも祈願することができ、厄払いや節句の行事では北海道中から参拝に集まってきています。

 

<安産祈願の時間は決まっている?>

平成28年戌の日が安産祈願を行う日。赤ちゃんが元気で生まれてくるようにと、母親が妊娠5カ月目の戌の日に神社で安産祈願をするのが通例となっています。

戌の日は以外でも安産祈願を受け付けていただけるようですが、折角ですので戌の日に合わせて行ってみたいものですね。でも、混雑することも避けられない様子です。待ち時間もかなり長くなり、ひたすら順番待ちとなってしまうことも多いようですので、体調と相談をして無理なく参列できるように注意しましょうね。

 

<予約は必要?>

戌の日以外に安産祈願をお願いする場合は、必ず事前相談が必要ですので社務所へ連絡をして受付してもらいましょう。戌の日は、予約もとっていただくことはできるようですが、年始の参拝のように大変混み合って雑多な中での祈願となることも多いようです。予約をしておくと、その時間で名前を呼んでもらうことはできるのですが、予約なしでも空いていれば、隙間に入れて祈願をしていただけるようです。予約していたとしても体調が不安定になりお休みされることも多いようです。社務所の方たちもかなり柔軟な対応をしてくださるので、安心ですよ。ホスピタイティ溢れる巫女さん達ですので、気軽に相談してみましょう。

 

ただし、北海道神宮で祈祷を行う時間は季節によって変わります。

午前9時の開始は変わりないのですが、5時までの期間、4時30分までの期間、4時までの期間、と季節によって変わります。午前中は混み合う事が多いようですが、うっかり遅い時間に行くと受付終了・・・なんてことにならないように注意しましょうね。

 

<初穂料はいくら?>

基本は5千円。1万円以上はお札に願意と記名をいただくことができます。が、そこまでいるかな~。北海道神宮ではないのですが、私の知り合いが巫女さんをしているので、聞いてみたところ、お札を欲しがるのは祖父祖母たちだけだそうです。安産祈願にまで祖父祖母が同行するんですね~。初孫だったら、そこまでしっかりやっておいて欲しいと思うものでしょうか?でも、一人目がそこまでやると、二人目以降も同じことしてあげないといけないですよね・・・。案外下の子っていい意味で放任になることも多いようですので、差がでないように気を使ってあげることも考えると、祈祷で十分ではないかな~。個人的な意見ですが。

 

ちなみに、私も二児の父親ですが、安産祈願はしていません!お守りはいただいたものだけで、特に生まれる前は何もしてきませんでした。深い意味はないのですが、移動の方が抵抗あったかもしれませんね。転んだら嫌だなとか、混んでたら面倒だなとか、そっちの方ばかりに気を取られていた思い出があります。


でも、今思い出せば、妻の父母は安産祈願に行くようにと言っていたような・・・

<北海道旅行│冬の服装や靴をチェック!必需品の持ち物とは?>

 

寒くない本州から、とっても寒くなっている北海道へ旅行する時に、何を着て行けばいいのか?異国に出るような、そんな気持ちで準備することとなると思います。確かに関東や関西と比較すると、本当に同じ国なのか?と思ってしまうほど寒暖差が大きく、着る服や靴の機能そのものが違います。これから北海道で生活するなら揃えていただく必要がありますが、旅行ならその期間だけあれば十分ですよね?そんな一時的にあったらいいものをまとめてみます。

 

<冬はどんな服装で北海道を旅行する?>

寒さに慣れていない方には、防寒対策をしっかりしましょうとアドバイスをしますが、正直どこまでやればいいのか?その基準は分かりづらいですよね。その服の使い方によっても、随分と暖かさも変わります。

 

まず、寒さ対策として

・下半身を冷やさない

・首回りを冷やさない

この2点に気を付けていただくだけで、暖かさが全く変わります。

 

次に気を付けるポイントとしては

・温度調節ができる服装にする → 脱ぎやすい服装で枚数を増やす

・インナーを使い過ぎない → 暑くても脱ぐことができない

この2点を加えて用意していただくと、北海道でも快適に旅行することができます。寒いからと言ってインナーを多投することや、被り物を増やしてしまうと店内に入った時に、暑くて自分の体温でのぼせそうになることもあります。アウターは関東や関西で使用しているもので十分です。インナーとアウターは少な目で、その中間に着るものの枚数で調整するようにしましょう。

 

<靴はどうしたらいい?>

忘れていけない靴問題。北海道民はタイヤと同じく、夏靴から冬靴へ衣替えをします。夏靴で雪や氷の上を歩くことは、本当に危ない行為なんです。冬用の靴は、水が染みてこないこと、滑りにくいこと、そして暖かいことが条件です。取り外し可能な滑り止めがあるので、空港などで購入する事もいいでしょう。靴の修理店でも、旅行者用に簡易的な滑り止めを付けてくれますので、旅行程度なら普段使用している靴で来て、滑り止めを着用する程度で十分でしょう。滑りにくい歩き方がありますので、ぜひマスターして下さいね。

 

<冬の北海道旅行に必要な持ち物とは?>

着込む防寒具よりも、身に着ける防寒具を持ち歩きましょう。手袋、マフラー、帽子は必需品。毛糸の暖かいものを持ってきてくださいね。帽子は耳まで隠れるものか?耳あてを別に用意しましょう。寒い時、本当に耳に感覚がなくなります。

 

ポイントは、これらの持ち物を入れるカバンですが、ショルダーかリュックサックをご用意していただくことをお勧めします。両手が空くようにすることがポイントです。リュックは万が一転倒した時にクッション変わりとなることもあるので、防寒からも身の安全からもオススメです。


あと、使い捨てカイロを持ち歩くと便利です。手が冷たくなった時だけではなく、腰やお腹周りに付けておくと、体全体が暖かくなります。ラーメン店に1時間野外で並んで待つ、そんなシチュエーションでは、この使い捨てカイロが大活躍します。北海道のコンビニでは絶対に売っていますので、ぜひご用意くださいね。

<北海道で唐揚げをザンギとぶ由来は?違いはなに?>

 

北海道の食文化と言われているザンギ。でもこれってただの唐揚げじゃん!というご指摘もごもっともで、この違いはあるのか?ただ読み方が違うだけではないのか?そう思っている方と、これがザンギか~確かに違うな~と思っている方。北海道に来たなら、ザンギは食べている方多いと思いますが、素直な感想はきっとこんな感じだと思うんです。なので、ザンギと唐揚げの違いをちょっとまとめてみますね。

 

<・北海道で唐揚げをザンギと呼ぶのはナゼ?>

北海道のソウルフード!ザンギ発祥の地は釧路市だと言われています。昭和35年に骨付きの唐揚げにソースをつけて食べるメニューとして、ザーギーが登場しました。このソースに注目が集まり、鶏肉の唐揚げにオリジナルのソースをかけて食べることが定着し、ソースがどんどんと進化していくのがザンギ初期。このザーギーが発展してザンギという呼称を持ったという説、中国の唐揚げはザーチと言いますが、このザーチが北海道訛を纏ってザンギとなった説、細かく刻むことを千斬切(せえんざんき)と言うのですが、この千斬切がなまって省略されてザンギと調理法の変形が料理名として定着したとう説。結局結論はないようですが、北海道では飲食店でも学校でもスーパーでも、ザンギと言った方が話は早いです。勇気をもってザンギ下さいと言って下さい。きっとイメージ通りの商品が出てくるでしょう!!

 

<唐揚げとザンギの違い>

一般的な唐揚げは、醤油、お酒、みりん、ニンニク、ショウガの調味料に3~4時間程度浸しておいて、油で揚げていく方法。ザンギは正直申し上げて作り方はほぼ一緒。明確な違いは卵とソース。でも、これも各家庭の味ですので、ザンギ全てがこうだと言い切れないのですが、衣をまとわせるときに一度卵を通すのがザンギ行程では定番です。漬け込むタレには、唐揚げもザンギも違いはなく、衣をつける際に一度卵を通すとザンギ、そのまま漬け込んだ鶏肉に直接衣をつけていくのが唐揚げ。この違いがあります。唐揚げの衣や食感は「サクッ」ですが、ザンギは「ジューシー」という感想が多いかもしれません。卵問題、案外大きな違いなのかもしれませんね。

 

もう1つ。肉を漬け込むタレの隠し味としてソースを加える家庭が多いかと思います。これはザンギ発祥の地、釧路に由来するのですが、鶏肉とソースの相性の良さを見つけたのがザンギ発祥の地が誇る重要なポイント。このソース味をタレに落とし込んで、隠し味として一緒に漬け込むことで、より濃厚な味になっている。唐揚げは塩味でサクッといけますが、ザンギは濃厚な味として楽しまれています。この濃い味の正体は醤油ではなく、隠し味のソースだったのかもしれません。唐揚げとザンギの論争に方向性が見えてきたかと思いますが、北海道の人たちは概ね濃い味を好むとも言われています。厳しい冬の期間を乗り切るには、少量でも食べた感じのする、保存食を美味しく食べる工夫も重なって、濃い味となったのでしょう。こんな北海道民の口にあった味付けが、ザンギとして定着したのでしょう。


ザンギは冬の食べ物かもしれませんね。